失業保険・裏バイブル

失業保険・裏バイブル

失業保険の手続き、給付額の計算、そして退職届けの前に!失業保険・裏バイブル(^O^)!

豊かな暮らし通販 > 失業保険・裏バイブル

失業保険 手続き

会社などで雇用されていた方が離職した際に、失業中の生活を心配しないで再就職活動ができるように、一定の要件を満たせば、雇用保険の基本手当(いわゆる失業給付)を受けることができます。

申込手続きは、自分の住所を管轄するハローワークで行いますが、流れは、大きく分けて2段階になります。

1.求職申込書の手続き
2.求職者給付(失業保険)の手続き

失業保険の申請をする前に、最初に渡されるのが求職申込書です。雇用保険法に給付の申込をする前には『公共職業安定所(ハローワーク)で求職の申込をしなければならない』とあり、求職申し込みはしなければなりません。

次に、求職者給付の申込になります。別の窓口に回され、次のことのやりとりがあります。    

・離職票1を見て、銀行口座番号を確認    
・離職票2を見て、なぜ失業したかの確認    
・諸注意・連絡事項を説明      
・現在は仕事をしていないか?予定はないか?      
(申込をした日から7日間は完全失業中である必要があります。次回のハローワークへの出頭日(7~10日以内の平日を指定されます)      

など およそ、このような手続きで全ての手続きに要する時間は混んでいなければおよそ1時間から2時間程度ですね。

失業保険 計算

まず、保険加入期間・会社都合退職・自己都合退職のよって、給付日数や給付制限有無に違いがでてきます。長い期間の加入者で会社都合退職の方が、給付日数が長かったり、給付制限なくすぐ支給されます。

給付額の計算ですが、ちょいと複雑です。
解りやすく例えば総支給額が20万とした場合・・・

20万×6(ヶ月)÷180(日)=¥6666
これが過去6ヶ月間に貰っていた一日当りの賃金
離職理由や年齢等でこの一日当りの賃金のうち6~8割位の範囲で失業認定日数の基礎金額が算出されます 6割計算だとしたら、¥6666×0.6=¥3999(一日)

基本的に4週間に一回の認定ですから¥3999×28(日)で一ヶ月¥111,972位になるかと思います
支給期間3ヶ月とすると、約33万円といったところでしょうか。

この支給金額が、ハローワークも教えてくれないマル秘テクニックを知っていると33万円x2=約66万円ほどにできるかもしれないのです。

詳しくはこちらをご覧下さい! =>  退職届けの前に!失業保険・裏バイブル

 

失業保険・裏バイブル トップへ戻る

Copyright 2015 © 豊かな暮らし通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ
seo great banner
  • SEO
  • loading
  • リカの通販サイト